当法人は、お互い様の気持ちで助け合える地域社会復活の端緒となることを目指す法人です。

すばる 農業部門

生々流転:農業を基盤とする循環型福祉への挑戦!

認定農業者を取得し、平成29年より本格的に取り組み始めたすばる農業事業。
里・つむぎ各事業所へのお米・食材供給の他に他の福祉施設、将来的には安心・安全な低農薬野菜、お米を全国の皆様に届けることを目標にしています。
岩手山を眼前に仰ぐ農地には小川が流れ、四季の移ろいを映しながら時に職員だけでなく利用者もともに汗を流します。
やがては風が通り抜ける東屋にベンチを設置し、鳥のさえずりを聞きながら時を過ごす空間を設ける予定です。
すばるの活動は、日本人が大切にしてきた精神性”自然(じねん)“に対するオマージュでもあります。人知を超えた摂理・計らいを忘れずに大地と語り合っていきたいと思います。

岩手県版農業生産工程管理(GAP)認定更新しました!

すばる農園では八幡平市固有の品種「八幡平バイオレット」を育てております。
日頃から安心・安全な物を提供できるように日々取り組み、令和2年7月に岩手県八幡平市初となる「岩手県版農産業工程管理(GAP)(※1)」の認定を受けておりました。
今年2021年度も無事に認証を受ける事が出来ましたので、来年度も更新できる様に努力をしていきます。

※1 岩手県版農業生産工程管理(GAP)とは:
農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。
結果として持続可能性の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。

特別栽培農産物認証の承認を受けました!

昨年の令和3年6月14日「特定栽培農産物認証」の認証を受け、2021/9/1から農薬・化学肥料を一切使わず育てております。
有機JAS認証を受けておりますが、当法人で保有している圃場すべてが認証を受けているのではなく、まだ一部の圃場ではこの認証を受けている状況です。残りの圃場も認定を頂ける様に日々取り組みを続けています。
過去に使用した化学肥料等の使用状況は下記の通りです。

対象年度 使用資材名 用途 使用量 備考
2021年 ポーマンP 土壌改良 0.406kg/10a
2022年 なし なし なし 2021/9/1~ 農薬・化学肥料不使用で栽培

 

念願の有機JASの認証を頂きました!!

これまで、岩手県版農業生産工程管理(GAP)・特定栽培農産物等の認証を受けてきましたが、令和4年5月2日 有機JAS(対象となる農林物資:野菜(にんにく))の認証を頂く事ができました。
まだ一部の圃場だけの認証かつ転換期間中ではありますが、有機と同等の野菜をすばるより提供出来る様になりました。
今後も化学肥料や農薬に頼る事なく、自然と向き合いながら野菜を作っていきます。

施設概要

現状は水田2.0ヘクタール、各種野菜(韓国唐辛子・ジャガイモ・ネギ・カボチャ・トウモロコシ等)30アール程度作付けしました。
今年度もニンニクを「八幡平バイオレット」の1種に絞り八幡平市固有の品種を守り育てていきます。土づくりが課題となりますが、施肥のバランスを考え試行錯誤を繰り返してまいります。
住所 〒028-7112 岩手県八幡平市田頭12-93-1
電話番号 0195-68-7523
FAX 0195-68-7733

すばる農園 年間スケジュール

○すばる農園で育てている野菜の育成スケジュール○

○すばる農園で育てている野菜をつかった商品のご提供スケジュール○

農業部門の様子

お気軽にお問い合わせください TEL 0195-75-2310 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 里・つむぎ八幡平 All Rights Reserved.